読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雑記。

言いたい事だけ言って生きていきたい。

ポケモンGOがすごい

 

いやもうすごいのはわかりきってると思うけど、思っていたよりすごかった。

 

去年、ポケモン好きの友人から「出たら一緒にやろう!」とポケモンGOのPVのURLが送られてきた。その素晴らしい内容に感心しながらも“これはPVだから楽しそうなだけで、実際はこんな風にはならないだろうなぁ”と思ってしまったのを覚えている。友人には申し訳ないが、たかがスマホゲーの意識がどうしてもあった。そしてそのまま、ポケモンGOの存在は頭の片隅に押しやられてしまった。

 

それから一年近く経ち2016年の7月に入って暫くした後、世界はパニックになっていた。ポケモンGOがリリースされたのだ。

爆発的なヒット、そしてゲームの内容故にさまざまなトラブルも発生していた。ネガティブなニュースも山ほど耳に飛び込んできた。むしろそういった情報の方が多かったかもしれない。

でも、それ以上に無邪気に喜ぶ大の大人達の笑顔にワクワクした。お前らいくつだよ!と思ってしまうくらい皆ポケモンに夢中だった。

 

 

20年前。とある同級生から「ポケモンって知ってる?」と聞かれて、知らないと答えたらめちゃくちゃ馬鹿にされた事を未だに覚えている。

悔しくなって死ぬほど駄々を捏ねてポケットモンスター赤を手に入れた。それが私のポケモンとの出会いだった。

学校が厳しくて持って行く勇気が少々足らなかったので、通っていた塾のベンチでケーブルを使って友達とポケモンを交換して遊んだ。その友達はコロコロコミックで応募しないと手に入らなかったポケットモンスター青を持っていて非常に憧れた(のちのポケモン好きの友人である)

その後もゲームというメディアから離れる事はなかったので、ポケモンはコンスタントにプレイしている。ここ最近だと一番やりこんだのはXかな。ポケパルレと着せ替え機能がとてもよかった。メガ進化て…!となったりもしたけど、ポケモンは常に面白いゲームだった。

 

しかし、ポケモンGOはもう面白いとかそういう次元ではなかった。

アプリをインストールして下調べもせず手探りでプレイしている最中に現れたゼニガメに思わずモンスターボールを投げてしまった。私の人生初ポケモンヒトカゲだったのでヒトカゲにしようと決めていたが、「うわ!ゼニガメだ!」と思った瞬間手が勝手にボールを投げていた。ごめん、ヒトカゲ

昨今のゲームには必ずあるはずのチュートリアルも特になく、ただポンとポケモンのいる世界に投げ出された気がした。

 

20年前に憧れていた世界にまさか三十路になってから足を踏み入れる事が出来るとは夢にも思わなかった。ポケモンを取る為に外に飛び出すようになるなんてちょっと前の自分に言っても理解できないと思う。離れた場所にあるコンビニに歩いて行ってみようかな、とか本当にやってしまう。世界が変わった感触がする。

 

今日、上記のポケモン好きの友人を含めた友達数人と渋谷~原宿にかけて歩きながらポケモンを探してみた。炎天下の中、良い年した女達が「うわ!〇〇だ!」「まじかよ!渋谷すげえ!」なんて言いながらスマホを弄くる姿は実に滑稽だったとは思うが、とても楽しかった。チラシを配ってるおばちゃんが「ポケモン取れてる?」なんて話しかけてきたりもする。それがなんだかNPCのセリフみたいで面白かった。

地元と渋谷のポケストップの数の差すら面白い。マサラタウンヤマブキシティタマムシシティの違いみたいでワクワクしてしまう。

見事なまでに童心に帰れてしまうのは、私達がジャストなポケモン世代という点も大きい。草むらでポケモンを探すという憧れの行為を代々木公園で実現してしまった。

その代々木公園には同じくポケモンGOプレイヤーがたくさんいたが、思っていたほど異様な光景ではなかったな(人気のスポットだとまた違うのだろうけど)

 

いろいろと物議を醸し出しているゲームではあるけれど、実際に触れてみて

私はただただ「夢が叶ったなぁ」と思った。